中古のマンションを購入するときに必要なキャッシュ

中古のマンションを購入するときには、住宅ローンを利用する人は多くいます。資金の大半を住宅ローンで調達しようと考える人もいるでしょう。それはそれで良いのですが、ある程度のキャッシュも必要となるという点には注意が必要です。例えば、フルローンで資金を調達した場合を考えてみます。

フルローンであれば、マンションの代金については調達できますが、それ以外にもいくらかの費用がかかります。これらは諸費用と呼ばれますが、この諸費用を用意しておくことは必要となります。中古のマンションは個人間での売買になりますから、売買契約を結ぶときには手付金を支払わなければなりません。手付金の金額はそれぞれで異なっていて、交渉によって決めることになります。

だいたいの相場は1割以下と考えておくと良いです。交渉によって変わりますから、例えば3000万円の中古マンションを購入するときに、100万円くらいの手付金で契約ができる場合もあります。売買契約を結ぶ段階では、まだ住宅ローンは実行されていません。ですから、諸費用や手付金などに必要となる資金は、キャッシュとして確保しておくことが必要となります。

もしもキャッシュがあまりないのであれば、なんとかして手付金の金額を安くしてもらうように交渉することも必要でしょう。また、マンションを購入しよう思い立った時には、まずある程度の資金を確保できるように、貯蓄を始めるのが良いと考えられます。