中古マンションの耐震性について

中古マンションのデメリットの一つが耐震性に不安があることです。建物を建築するときには、その時の耐震基準をクリアしていなければなりません。この耐震基準は時代とともに変化してきました。大きな変化は阪神大震災が起こった時で、この時には審査基準が厳しくなっています。

それ以前に建てられたものとそれ以降に建てられたものとでは、異なる基準が採用されています。ですから、購入するのであれば、新しもののほうが耐震性は優れていると考えられます。東日本大震災があってからは、地震に対する意識は高くなってきました。中古マンションはこの点でデメリットがありますから、耐震性が不安な人は、できるだけ新しい物を購入するべきでしょう。

とは言っても、耐震基準だけを考えるのなら、そこそこ古いものでも大丈夫です。耐震基準が新しくなったのは1981年です。この時の基準では、震度6強から震度7くらいの地震が来ても倒壊しないとされています。地震の種類によっても異なるでしょうが、基準だけを考えるのなら1981年以降に建築されたものを選んでおくのがひとつの目安となります。

もちろんですが、物件をきちんと見ておくことは大事なことです。すでに外壁や基礎の部分にひび割れが生じているような場合には耐震性に不安があると言わざるを得ないでしょう。構造部分についてはあまり見ることはできないのですが、見える部分も多くあるはずです。マンションを見学するときには、このような点にもよく注意しておきましょう。