不要なマンションの活用方法

マンションを購入した直後は、よい買い物をしたと考えるものですが、長く住み続けているうちに、生活環境が変わるなどして、今のマンションが不要になることもあります。不要になったマンションは、売却をするのが一般的ですが、売るのではなく、別の人に貸すこともできます。売る場合のメリットとしては、お金に換えられる点が大きいでしょう。購入した額よりも高く売れれば、利益が出ることになります。

しかし、購入額よりも高く売れるケースは、そのマンションがあるエリアの人気が高まるか、不動産投資ブームなどで不動産価格があがらなければ難しいものがあります。殆どの場合で購入した価格よりも低くなってしまうことを、覚悟しておきましょう。それ程まで高く売れなくても、現在返済中の住宅ローンが売却したお金で完済できれば、新たに住宅ローンが組みやすくなります。新しい住宅購入時に、メリットになるでしょう。

一方で、マンションを貸す時のメリットですが、何といっても家賃収入が入ってくることです。放っておいても借主があらわれれば、家賃が毎月入金されるようになります。そのお金で住宅ローンを支払ったり、ローンが完済すれば、家賃収入の殆どを利益として手に入れることができます。しかし、物件の管理費用がかかりますので、家賃収入を全て利益にすることは難しいです。

固定資産税や火災保険料などを、支払う義務も生じます。これらのメリットとデメリットを踏まえて、売却か貸すかを選んでみましょう。