マンションとはどういうものか

マンションは階数が2、3階以上の集合住宅で構造としては鉄筋コンクリート造や鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造で高層のタワーマンションのものまであります。区分所有建物とも呼ばれ、壁の内側の専有部分と呼ばれる床面積で計測された部分に住まうことになります。廊下やバルコニー、その他エレベーター室や機械室、電気室、玄関ホール、管理人室などは共用部分と呼ばれ共同で使用できる部分です。マンション購入の場合には月々管理費や修繕積立金を支払って行くことになりますし、賃貸マンションの場合には管理共益費を支払う必要があります。

我国では1950年代から建てられるようになり、ワンルームから4LDKや5K以上のものもあります。マンションは耐震や耐火、耐久性、遮音性や断熱性に優れ、防犯的にもセキュリティ機能が強化されていて高層のものは眺望も良く、立地的には駅からも近く、生活利便施設も周辺に揃っているというメリットがあります。プライバシーが確保されていて、付き合いをして交際費を使いことも少ないと思われます。防音性については1棟の建物として各戸が繋がっていることもあってピアノや足音で問題になることもありますからその点は一戸建て住宅とは違いがあります。

一般的に室内は機能的で設備機器も整い、室内において清掃は一戸建て住宅に較べて効率的に行え、老後にも室内の段差が少ないので暮らしやすいとも言えます。又、断熱性能の面からは光熱費が概して安くつくということがいえそうです。IoTマンションのことならこちら