回収までに時間がかかるマンション経営

あいた土地の持っているだけでも税金がかかることがあり、その土地の状況によっては多額になることもあります。税金を支払うだけでも相当な負担になり、その税金以上に土地を活用して利益を出さなければ赤字を計上し続けることになります。そのため、あいた土地を持っている人の多くは駐車場にしたり、また中にはマンション経営に乗り出す人もいます。現在働いている人であれば、仕事をしながらでも、副業としておこなうことができて将来的に利益も見込めることができる先行投資になります。

管理会社に委託することにより日常の作業も不要になり、マンションを所持し経営するだけで不労収入を得ることも可能になります。ただし、土地の上にはマンションを建設しなければなりませんが、その費用が多額になり、費用を回収するにも時間がかかります。場合によっては銀行からの借り入れも必要になり、金利の負担も必要になります。またマンション自体が高額物件のために、借入額が多額になれば、賃貸収入によって返済していくとしても、相当な年月が必要になります。

またマンション経営でつきまとうことは空室です。空室がでると当初の計画通りの収入が見込めず、返済期間が更に延びることになります。すべて返済したからが利益になるために、先行投資が実を結ぶまでには相当な年月が必要になることも想定しておくべきです。また、入室を促すためには、リフォームをしたりリノベーションをしたりと時代にあった修繕を加える必要があり、それにより更に回収期間が延びることもあり経営計画を考えるときには考慮すべき点です。