難しいマンション経営

土地活用のひとつの方法としてマンション経営があります。賃貸マンションにすることで、毎月賃料収入を得ることができ、この収入には定年もないために会社をリタイアした人が年金に上乗せする収入を得るには最適な手段の一つと言えます。しかしこのマンション経営も、その規模にもよりますが資金が非常に多くかかるために、その建設費用を回収するのに時間がかかります。ましてや銀行から借入をおこなって建設するのであれば、金利負担も大きくのしかかってきます。

そのためある程度自己資金をまとまって持っている人に向いているとも言えます。多少借入をおこなったとしてもその支払いが数年で済めば、すぐに利益を得ることができるようになります。ただマンション経営で一番難しいのが、借りてくれる人がいること、長くなりてくれること、空室がないことです。その土地の場所にもよりますが、入居率が半分であると当初計画していた利益も半分になり、資金計画の見直しが余儀なくされることにもなりかねないのです。

そのためこの投資をおこなう際には、周囲の物件の動向等を専門家に確認して、この場所に建設していいのかを判断すべきなのです。また現在はこのような状況であっても将来的に地下鉄が通る予定であるとか、近所が商業圏として開発される等といった計画がある場合には、それらを見越して判断し建設することもひとつの方法ですが、あくまでも計画段階の話として将来計画がなくなることも視野に入れて判断すべきことです。Wi-Fi 一括導入のことならこちら